ネイル検定取得を目指す理由【スキルを十分に習得した証】

洋服

学べる内容が学校で異なる

服飾専門学校といえばデザイナーを目指す人が行く学校のように思いますが、実際には非常に多くのコースがあります。学校ごとに特色が異なるので、気になる学校があるならオープンキャンパスで体験授業などを受けてみましょう。

詳しく見る

ネイルチップ

仕事にするなら取得しよう

ネイル検定は取らなければネイリストになれないわけではありませんが、実際には仕事としてネイルを考えている方の多くが取得します。なぜならサロンへの就職に必要になったり個人で開業する時の信頼性のアピールにもなったりするからで、有用性は極めて高い資格だと言えそうです。

詳しく見る

レディ

アパレル業界での就職

服飾専門学校はアパレル業界での活躍を希望する学生には理想的な学びの場です。服飾専門学校ではファッションデザインなどの専門技能だけではなく、就業体験を通じて販売や広報などの実務的な知識を身につけることができます。

詳しく見る

マニキュア

検定は複数あります

ネイル検定には一般的で従来から存在するオーソドックスなものと、近年主流になってきているジェルネイルの検定があります。さらにサロンの衛生管理の資格やスクールの講師になるための資格もあるので、目的に合わせて順番に取得すると良いでしょう。

詳しく見る

ファッションデザイン

服がもっと好きになる

服飾専門学校は、様々なコースに分かれていて自分の極めたいジャンルに合わせて選ぶと良いです。オープンキャンパスなど、実際に学校の雰囲気を体験出来るチャンスをたくさん利用すればどこが1番行きたい学校か見極めれます。

詳しく見る

1級取得目指すのであれば

ネイル

2級から難易度高めです

ネイル検定には3級、2級、1級とあり、1級を取得するためには3級から順番に取らなければなりません。つまり、2級の受験資格は3級の合格者、1級の受験資格は2級の合格者でなければ試験を受けることができません。ネイル検定の3級は独学でも取得することのできるレベルで、合格率はおおよそ70パーセントといわれています。しかし2級となればそのレベルは上がり、合格率は50パーセント以下となります。そして1級となれば合格率は35パーセントまで下がるほど、そのハードルは高くなります。ネイルアーティスをも坐そうとするためには、必ずしも資格が要されるわけではありません。しかし、ネイルアートとしてのスキルを十分に習得した証として持つために、ネイル検定は良い資格となります。なぜならネイルサロンで働こうとする場合、その即戦力としてネイル検定2級以上を求められることがあるためです。ネイルを趣味として楽しむ程度ならば、ネイル検定3級にとどめておくのも良いのですが、職業としてネイリストになりたいというのであれば、またはネイルサロンで働きたいという考えがあるのであれば、資格を保持させることが望ましいといえるかもしれません。そのために専門学校に通って学ぶ人もいれば、独学で学ぶ人もいます。しかし2級以上の場合、何が難しいのかというと実技の難易度が高いということです。実技は独学では難しいこともあるため、通信講座を利用して学ぶ人もたくさんいます。

Copyright© 2018 ネイル検定取得を目指す理由【スキルを十分に習得した証】 All Rights Reserved.